空いた時間にできること


スマホゲームの魅力というものはどこにあるのでしょうか。
ゲーム機と比較してみましょう。
国内で一番たくさん出荷されたのがゲームボーイです。
この台数は3243万台と言うことですから、国民の3,4人に1人の割合でゲームボーイを持っていることになります。
もっともゲームボーイも何回かの世代交代がありますからのべの出荷台数ということになります。
それでも10人に1人くらいの割合にはなるでしょう。

そしてスマホを見てみるとどうでしょうか。
スマホは恐らくゲームボーイの3千万台以上の台数が出荷されていますし、利用者の人数もゲームボーイのそれよりも多いことでしょう。

もちろん全てのスマホユーザーがスマホゲームをしているわけではありませんが、誰でも望めば好きなときにゲームアプリをダウンロードできてゲームを始めることができます。
しかもそれがほとんど無料でできるのですから、スマホでのゲームユーザーの裾野は広いといえるでしょう。

スマホを持っている全ての人がゲームをしているわけではありませんが、電車内を眺めて見ると半数以上の人がスマホを片手に操作していることがわかります。

ゲームアプリの多くはそのように片手での操作が可能となっていることが多く、それがスマホでゲームをしている人に支持されている要因であることは間違いありません。
いずれにしても操作のしやすさ、電車の待ち時間あるいは移動時間といった隙間時間でできることが大きな魅力なのです。